ctw04
薬機法とアフィリエイトへの影響について
こちらで詳しく解説されています。
アフィリーガル

例えば、PPCアフィリエイトを実践するとき、
Yahoo!プロモーション広告に

自作サイト(ランディングページ)や
広告文(説明文)などを申請するわけですが、

ここで「審査落ち」を経験した事のある人は
かなり多いのではないでしょうか?

せっかく優良案件や高額案件を発見しても、
この審査が通らないばっかりに、

せっかくの好機を逸してしまったという経験は
少なからずあると思います。

では、ココを通すためには、
一体どうしたら良いのでしょうか?

ここで、一つの大きなヒントがあります。
それは、薬機法(医薬品医療機器等法)を理解する事です。

法律の詳細全てを理解する必要はありませんが、
アフィリエイトに影響がある部分を知っておく必要があります。

それを分かりやすく、的確にかいつまんで解説しているのが、
アフィリーガルになります。

PPCアフィリエイトだけに限らず、
サイトアフィやブログアフィリエイト、

または、YouTubeアフィリエイトや
最近では、SNSアフィリエイトなど、

すべてのアフィリエイトにおいて、
守らなければならない法律(リーガル)が存在します。

そして、我々は、結構な確率で、
「知らずに違反」している場合があります。

もし、法律に違反や抵触している場合、
「報酬を没収」されてしまったり、

もっとひどい場合は、
「行政処分」などというケースもありうるのです。

近年、アフィリエイト市場が急速に拡大していく中で、
「知らなかったでは済まない」ところまで
来ていると言えるかもしれません。

なんだか、少し面倒くさいことを言いましたが、
結局は自分自身を守るために、
法律の最低限のキモは知っておく必要があるという事です。

そして、
「せっかく発生した報酬を逃さない」
「自分自身の危機管理やリスク管理」
という点で、薬機法の理解が必要とされてきているのです。

今、アフィリエイターにとって必要な知識をまとめたもの
それが、アフィリーガルだといえます。
ctw05

薬事法改正に伴い「薬機法」が施行

ところで「薬機法」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

以前は「薬事法」と言っていましたが、
2014年11月の「薬事法改正」に伴い、
その名称(略称)も「薬機法」に変更となりました。

・薬機法(やっきほう)
(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)

そして、この法改正は、
アフィリエイトに関しても大きな影響を与えています。

とくに健康系、美容系、化粧品などを取り扱う際に、
気を付けなくてはならない点が多く見受けられます。

それは、「禁止されている表現」が、
いくつか存在しているという事です。

・やってはいけない表現の例
ctw06

それから、分かりやすいので、
PPCアフィリエイトを例として解説すると、

例えば、Yahoo!プロモーション広告に、
あなたのサイトや広告文を申請する時に、

「薬機法」に抵触する表現をしてしまうと
当然ですが、審査に落ちてしまいます。

そこで、
「なぜ、審査に落ちたのか?」
「どうしたら、審査に通るのか?」

このポイントを知るうえで、
非常に役に立つのが
アフィリエイトの法律の参考書ともいえる
アフィリーガルになります。
ctw02

あなたは、これを手にすることで、
ブログやサイトでの適切な表現方法が分かるでしょう。

そして、さらに、
Yahoo!プロモーション申請時の審査落ち対策に
非常に有効であるという点も忘れてはなりません。

そして、もし、
「他人は落ちても自分は審査に通る」ような状況になれば
ライバルアフィリエイターとの「大きな差別化」ができますし、

その成果で報酬が増えれば、次には、
「ASPから特単の提案」や
「限定クローズド案件の紹介」など

向こうから、
あなたを「指名」してくる可能性すらあります。

この先、増々アフィリエイト市場が大きくなっていく中で
業界の育成、健全化のためにも

こういった新しい法律を理解することは
とても重要であると確信しています。
アフィリーガル

新規コメントの書き込み