PRIDE(プライド)と人気の「下克上」を比較してみました。

 今、凄い人気の「プライド」ですが、(PRIDE(プライド) 特典&レビュー
 同じくトレンドキーワードの人気教材「下克上」との比較をしてみました。


発売後、すでに1年経過している「下克上」ですが、
初心者用の教材としても、いまだに人気が衰えていません。

その理由の一つは、
トレンドキーワードには「飽和が無い」からだと思います。

特に「下克上」では、短期で爆発するキーワードを狙いますので、
その時点でのライバルはもちろん少ないですし、
瞬発的に報酬を発生させる事がメインのノウハウです。

この点は、PRIDE(プライド)とは真逆の戦略と言えますが、
それはそれで、「ショートレンジ戦略」も捨てたもんじゃありません。

なので、「下克上」は・・・、
 ・毎日記事を書く時間の余裕ががある人
 ・または、時間をやりくりして「気合系」で記事を書き続ける事ができる人
 ・芸能ネタ記事が抵抗なく書ける人

こういった人には、「下克上」が向いていると思います。

 ・無料ブログだけで挑戦できるので初心者にも分かりやすい
 ・アクセスに瞬発力・爆発力がある
 ・報酬があがるタイミングが早い

これらのメリットは捨てがたいものです。
  → 下克上(GEKOKUJO)

ただし、万能に見える「下克上」のノウハウにも、
実は、いくつかの「欠点」があることも否定できません。

 ・記事を書き続けなければ報酬があがりにくい
 ・報酬に安定感が無い
 ・どちらかというと自転車操業的なイメージ
 ・キーワードを先読みする技術が必要
 ・教材において「長期的戦略」の説明が不十分
 ・専用のキーワード抽出ツールが無く別売りツールで対応

などですね。

その点、PRIDE(プライド)の場合、本体の特典として
「モビー・ディック」というキーワード抽出ツールが付属しています。
 → PRIDE(プライド)

この点は、最初から専用ツールが特典として付属している分、
お得感は高いと感じますね。

また、ツールは、PRIDE(プライド)専用に作成されているので、
使い方で迷うってしまう事がありません。

トレンドキーワード用の抽出ツールをまだ持っていない場合、
このツール目当てに購入するのもアリかもしれません。

それから、戦略面において、
PRIDE(プライド)は、中長期的な戦略をベースにしています。

この点では、
「下克上」実践者で、その際に長期的戦略に踏み込めなかった人には、
最大のチャンスであると思います。(チャンスとして前向きに捉えるべき)

特に、ワードプレスを利用した戦略で躓いてしまった人、
または、分からなかったという経験があるなら、
PRIDE(プライド)を手にしておく事を強くお奨めします。

何にせよ、この先必ず必要になるのがワードプレスです。

PRIDE(プライド)を実践することで、
そこに踏み込むための最大のチャンスとして捉える事もできます。


ワードプレスいつやるの?
「今でしょ」

・・・という事です。

さて、ここまでで、
「下克上」と「プライド」を比較してきましたが、

結論としては、
どちらのノウハウが優れているかという判断ではなく、
できれば、両軸で稼ぐ事ができる事こそがベストだと感じます。

短期的には「下克上」
中長期的には「プライド」

それぞれの「長所」を生かして
それぞれの「短所」を消していく方法がベストだと思います。

PRIDE(プライド)の発売が、下克上の補完的教材になり、
新たなキーワードツール(モビー・ディック)を手に入れ、
ワードプレスの使い方も理解できる。

そして、トレンドキーワードで報酬を得続ける環境が手に入るなら、
とても安いものだと感じます。

 → PRIDE(プライド)

ちばひろ特典について

僕(ちばひろ)経由でご注文いただいた場合は、下記の特典をお渡ししています。
「選択特典」一覧(総数123個)の中から、お好きなものをお選びいただけます。

※受け取れる特典の個数は、ご購入教材の価格にて異なります。
◆選択特典一覧 → 詳細はこちら

◆特典のお受け取りについて(注意事項)
特典の請求方法など

ちばひろプロフィール
無料レポート一覧
オリジナル(個別販売)レポート一覧
トップページ

新規コメントの書き込み